BLOG

建築

2018 / 03 / 08

久しぶりに・・・ログハウス!

在来工法の家ばかり建てていますが

久しぶりにログハウスも建てています。

北本市野外活動センターのログハウスコテージ。

既に予約は受け付けています。

やっぱりログは自然のロケーションが似合いますね!

 

建築

2018 / 03 / 07

ひろ~い土地のプロジェクト13

加須市のおなじみの現場です。

足場やネットが外され建物が姿を現しました。

細かいとこらはさておき・・・

西側の一段低くなった道路からの全貌が圧巻です。

軍艦のよう・・・

いや、もう少し柔らかですね。

昔の外国の木造客船のような・・・

あくまでイメージですが・・・。

平屋のどっしりとした佇まい。

最近見ない木造建築の美しさ。

一度ご覧になりませんか!

いつでもご案内いたします。

 

 

建築

2018 / 03 / 01

火のある暮らし

どうしても、ご提案に

囲炉裏を入れたくなってしまうのです。

これまでに、どれだけの囲炉裏を

お庭に作ってきただろう。

やっぱ人の暮らすところには

火がなくてはダメだと思うのですよ。

そだね~!ということで・・・

上尾市N様邸ガーデン・・・完成!

コントラストが強いので画像は加工してあります。

 

建築

2018 / 02 / 10

上尾市のど真ん中!

そこは上尾市のど真ん中!

ここに建物を・・・建てます。

テナント対応の物件となります。

ご相談いただければ、そんな仕事も対応できます。

駅も近いし、市役所も近い・・・いい場所です。

ただ今、建築確認などなど・・・。

 

 

 

 

 

建築

2018 / 01 / 22

ひろ~い土地のプロジェクト12

大きなリビングです。

こちらはお客様のプライベートゾーンとなります。

吹き抜け天井になっていますが

緩やかな勾配なので

暮らす人は安心感を感じることでしょう。

壁には、呼吸する石、大谷石を一面用いました。

石とは言え、肌触りに温かみを感じる素材です。

 

未分類

2018 / 01 / 15

ゴホ 永眠しました。

穂高の看板犬 ゴホ

1月4日(木)夜遅くに星になりました。

享年15歳

穏やかに、苦しむことも無い大往生でした。

 

ゴホがいなくなり静かに淋しさを感じています。

いつも、そこにいるという当たり前がなくなってしまいました。

幸せというのは、そんな当たり前の中にあるのだと、つくづく知ります。

 

ゴホは八ヶ岳山麓に暮らす作家シェルパ斎藤さんの愛犬 

故サンポの子供(♀)です。縁あって我が家にやってきました。

パピーの頃 しでかした悪戯は数知れませんが

大らかでそして何より病気知らず・・・健康でした。

平和主義で、ドッグランでいざこざがあれば

いつも飛び込んでいって、割って入って仲裁する。

それでいて遠くから声をかければ脇目もふれずに走って戻ってくる。

そんな従順さも持ち合わせている賢い犬でした。

 

ゴホは昨年の夏の終わり頃に後ろ足が突然全く効かなくなり

その後ソファで寝たきりの生活になってしまいました。

けれどラブラドールらしく食欲は落ちることなく体重も殆ど落ちませんでした。

調子のよいときには補助具をつけて家の周りを歩いたり

自らソファから落ち前足だけで窓辺まで這って行って外を見ていたり

そんな生活を送っていました。

 

昨年の暮れも押し迫る頃、私の父が他界し

その葬儀に喪主として駆け回る私でしたが

体力落としつつもゴホはずっと待って居てくれました。

年明け正月の少し落ち着いた時間を一緒に過ごし

それぞれ、離れて暮らしている長男次男とも別れの時間を持ち

添い寝する私の横で深夜、静かに息を引き取りました。

息を引き取る数時間前の最後の夕食も私の手から完食し

深夜、呼吸が少しづつ弱くなり・・・それは止まりました。

まだ温かい身体をさすりながら

何度も呼びかけましたが、かえって来ませんでした。

 

昔の写真を紐解けば元気だったゴホが、たくさん語りかけてきます。

庭の木々たちも若く小さく、私も、みんなも・・・若かった。

子供たちが幼い頃には兄妹のように過ごし、たくさん旅することができました。

やがて出産し子育ての中での先住犬ゴールデンレトリーバーのリバーとの絆。

息子のリクとの愛情あふれる母子関係など

満ち足りたものであったと思います。

 

やがて、リバー、リクと先にいなくなりました。

ゴホにしても淋しいことであったでしょう。

ゴホはいつも、後ろに控えている犬でした。

リバーがいる時にはリバーの後ろで

リクが生まれればリクの後ろで。

そして彼らがいなくなった晩年

私と一対一になった時、思い切り甘えるようになったのです。

こんなに甘える犬だったのかと驚きました。

犬は環境で性格が変わるのだと感じたものでした。

ゴホは群れを乱すことのないように抑えていたのです。

実に健気で、優しく穏やかな犬でした。

 

ゴホは私の心の支えでした。

思い返せば、してやれないことばかりでしたが

それでもゴホは幸せであったと思います。

私をいつも幸せにしてくれましたから。

 

三年前弊社は、あきる野市のワンダフルネーチャービレッジを設計施工するという

ビッグプロジェクトを任されました。

リバー、ゴホ、リクから繋がった、たくさんの縁で、

そんな機会が天命のように巡ってきたのでした。

私はゴホたちとの暮らしから得たものを全て注ぎ込みました。

風光明媚な秋川のほとりに、

東京都一の面積を誇るドッグランと

自然素材だけで作ったカフェなどの諸施設群。

弊社でしか創造できない素晴らしいものができたと自負しています。

もしゴホたちがいなかったら全てが無かった話です。

これからも、そんな静かなレジェンドは語り継いでいくつもりです。

 

ゴホ・・・

ありがとう・・・

リバー、リク・・・そして、みんなによろしく!!!

いつの日にか同じ場所で・・・。

 

最後に

私の心が踏ん張れずに

皆様にはご報告が大変遅れてしまったこと

お許しください。

 

あぜくら工房

2018 / 01 / 05

何よりなこと

 

 

いつもの場所から

また見ることが出来た朝日

 

 

 

こうしていられることが何よりなんだなと思うのだ・・・。

 

 

旧年中は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

あらい

 

ブログ

2018 / 01 / 03

本年もよろしくお願いいたします!

IMG_5597新しい年が明けました。

関東は北西季節風が強いものの穏やかな新年です。

 

さて、昨年秋よりTVで放映されていた陸王の話です。

ご覧になられていた方も多いかと思いますが・・・。

TVなど普段見ない私ですが、少し引き込まれて見ておりました。

ドラマとの出会いなども縁の端であると思うならば

なぜこのタイミングで

私の前に現れて、私を引き込んだのか・・・

解りませんが、何か意味があったのかもしれません・・・

というか、そんな風に考えてしまう最近のわたしです。

その中で私が貰ったメッセージというか宝物。

それは・・・

「チャレンジしなければ、やっている意味がない」

ドラマの中で、役所広司さんの言葉です。

長い人生の中で、そんな風に考えていたころの自分もあるのです。

けれどここ最近は正直、現状をもてあそぶような

少し流されているような

そんな日常であったかもしれません。

今、何か新しい年の推進力になるような

忘れていた感覚が甦ってくるような

そんな期待が胸を膨らませる新年です。

チャレンジ・・・勝利を信じろ!です。

 

写真は河童橋から梓川の左岸沿いを上流へ1時間ほど歩いたところにある明神池です。

明神池は池畔に穂高神社奥宮が鎮座する神域です。

穂高神社は弊社穂高の社名の由来、穂高岳の神様です。

明神池は梓川の古い流路が、明神岳からの崩落砂礫によってせき止められてできた池です。

明神岳から常に伏流水が湧き出ていて透明感あふれる水面が空を映し静寂に広がります。

池の間近にそびえる明神岳、池中に配された大岩石は自然のままの姿です。

私はここの自然の造形美は日本一だと思っています。

そんな景色を引き出しに入れて

今年も色々な方に出会いたい。

そこから始まる何かに期待したい。

そんな思いで数年前の穂高岳山行の写真の中から

一枚選びました。

 

本年も皆様には、たくさんの幸せに満ち溢れる年になること

心よりご祈念しております。

どうぞスタッフ共々

よろしくお願いいたします。

 

2018年 1月3日

株式会社 穂高   株式会社 穂高企画   スタッフ一同

 

過去のブログはコチラ